Rittal and Eplan:

効率的な制御盤製作の強力なパートナー

Rittal and Eplan
2社の強みで生まれる付加価値

企業は如何にプロセスに付加価値を生み出し、より速く、より経済的で、正確に進めていくのでしょうか?リタールとEPLANは、専門知識と理想的に整合したソリューションにより、制御および開閉装置の設計の自動化を実現します。

成功の秘訣は、製品開発と製造の間のコラボレーションを継続的に改善することです。

ソフトウェアソリューションとシステムテクノロジーおよび自動化機械装置類を組み合わせて、お客様の個々のバリューチェーンに合わせたソリューションを提供しています。すべてのプロセスとシステム全体のデジタル化と一貫性により、製造とアッセンブリの時間が大幅に削減できる、明らかな利点があります。

詳細はこちら

エンジニアリング

01_Technical_Specifications
製品仕様

エンクロージャーや制御盤製造メーカーはお客様からデータを受け取り、そのデータの可用性、後続のエンジニアリングや作業準備のための、すべてのプロセスに対する完全性および適合性に関して検証します。必要に応じて、適切なデータを準備する必要があります。 更に、エンクロージャーに必要なアクセサリーと関連する追加のプロセスが決定されます。

関連製品
02_Technical_Consulting_and_Design
事前検討

エンクロージャー、必要なシステムアクセサリー、分電・配電機器、さらに温度管理機器など、最適なソリューションを明確にします。

関連製品
03_Product_Functional_Design
電気設計

回路図は、自動化技術として機械またはプラントの規格に準拠した機能的記述でありながら、一方では制御技術用の制御盤用キャビネットの生産を含む製品製造の多くのプロセスの基礎となります 。 回路図は、電気設計に特化したCADソリューションで作成される、「完成した」機械やプラントの製品ドキュメントの基本コンポーネントです。

関連製品
04_Checking_and_Correcting
検証・修正

必ず、回路図は規格の適合性や、間違いがないか確認されます。 このように、コンポーネントの明確な指定や電気接続の詳細表示により、手戻りの発生などを回避することができます。 これは電気設計CADソフトウェアのサポートによって自動的に行われます。

関連製品
05_Mechanical_Infrastructure
機械仕様

回路図で指定されたコンポーネントの設置に必要なお客様の要件、場所、環境条件、およびスペースを考慮して、最適なエンクロージャーが選定され、寸法を決定し、必要なアクセサリーが追加されます。

関連製品
06_Digital_Twin
デジタルツイン

お客様の要件、設置場所の周囲条件、電気技術コンポーネントとその電力消費、およびデジタルツインの定義済みアッセンブリレイアウトは、最適な温度管理ソリューションと空気流の正しい分布の構成および寸法設定するためのフレームワークの条件を定義します。

デジタルツインには、ダウンストリームプロセスのすべての情報が含まれており、必要な深さで必要な時に、各プロセスステップで利用できます。 デジタルツインは、デジタル化の中心要素で、制御盤や分電盤の製造におけるプロセスの最適化、自動化、および実装の基盤となります。

関連製品
07_Thermal_Design_and_Dimensioning
熱計算・筐体検討

デジタルツイン上に記述された、お客様の要件、設置場所の周囲条件、各種電気・電子機器とその消費電力、およびアッセンブリレイアウトは、空気の流れを正しく計算し、最適な温度管理ソリューションの構成および位置決めするためのフレームワーク条件を定義します。

関連製品

調達

08_Ordering
発注

最新の電気設計CADシステムは、 お客様が使用している基幹システムへの連携が可能です。見積もりと資材調達にそのまま使用可能で、自動生成された部品表を既存のERPシステムに転送できます。

関連製品
09_Manufacturing_Documents
製造用帳票

図面、BOM、端子図などの製造ドキュメント、および自動化された生産プロセスのステップに必要なすべてのデータは、ソフトウェアソリューションによって自動的に作成されます。

関連製品
10_Logistics
配送

制御盤や分電盤の製造業者は、お客様のデータを取得し、データの可用性、エンジニアリングや作業準備などのすべてのダウンストリームプロセスの完全性と適合性に関して検証します。 それらに応じて、データを準備する必要があります。 必要なエンクロージャーのアクセサリーと、これらのアクセサリーに関連する追加のプロセスステップも確認されます。

関連製品
11_Kitting
キッティング

完全に構成された部品リストがERPシステムからエクスポートされ、お客様のご要望に沿った必要部品と製造段階が表示されることで、組み立てが容易になります。

関連製品

製造

12_Cutting
カッティング

デジタルツインは、組み付けに必要な、DINレール、ケーブルクランプレール、ケーブルダクト、ケーブルダクトカバーなど、定尺から切り出す必要がある可変長コンポーネントを準備するためのすべての穴あけおよび切断データを提供します。

関連製品
13_Panel_Modification
盤加工・組立

デジタルツインの穴あけおよびフライス加工データに基づいて、適合するエンクロージャーとフラットパーツの機械加工がCNCマシンによって自動的に実行されます。

関連製品
14_Terminal_Strip_Assembly
ターミナルストリップ組立

デジタルツインに基づいた、端子台の自動アッセンブリに必要なDINレール、端子、および端子アクセサリーに関するすべての必要な情報は、標準化されたインターフェイスを介して提供されます。 端子図は、DINレールの手動組み立てにも使用できます。

関連製品
15_Mechanical_Installation
配置

インストール作業に必要なすべての情報を含む2Dのレイアウトは、デバイスがデジタルツイン上のどこに配置されているかに基づいて生成されます。

関連製品
16_Labeling_Devices
ラベル付け

デジタルツインからのデバイス・タグ・データはラベルプリンターに転送され、手動入力、並べ替え、または編集が不要になります。

関連製品
17_Wire_Fabrication
配線取り回し

デジタルツインの成果物において特筆すべき点として、エンクロージャー内部の回路図から自動生成される電気接続の最適な取付け手順と、各接続に必要なケーブルの長さの決定が含まれます。 デジタルツインは、回路図から得られる、色、直径、材料の種類、およびワイヤエンドの準備などの仕様を組み合わせ、ワイヤまたはケーブルの手作業および完全自動アセンブリに必要なデータを備えています。 また、標準化されたインターフェースにより、このデータを直接提供して、完全に自動化されたワイヤ処理を実現できます。

関連製品
18_Wiring
配線

デジタルツインの配線情報を使用して、配線ルートと設置に必要な接続ポイントを視覚化します。これにより、回路図無しでも制御盤の配線することが可能になります。

関連製品
19_Testing
テスト

ワイヤ、ケーブル、端子、およびデバイスの接続リストは、制御盤の試運転する前に潜在的な障害を特定するのに役立ちます。

関連製品

オペレーション

20_Operations
稼働

クラウドソリューションを介したデータアクセスは、いつでもどこからでも、モバイルデバイスからですらも可能です。これは、制御盤の保守やメンテナンスをするにあたって大きな利点となります。

関連製品
21_IT_Service
保守メンテ

エンクロージャーやクーリングユニットの、現在のステータス情報、温度、メンテナンスなどのデータも生成し共有することができます。これは、データを収集して包括的なシステムに送信するインターフェースとリタールのIoTインターフェースの様なハードウェアを備えたコンポーネントによって可能になります。 バリューチェーンに沿ったデータがデジタル化されることで、サービスと運用にもメリットが生まれます。

関連製品

Rittal and Eplan
事例

お問い合わせ